【メルカリで買う】ポールスミス偽物の見分け方【実例あり】

こんにちわ。

ポールスミスは知名度もかなり高く、男性の方々なら一度は使ったことあるブランドではないでしょうか。


それだけ知名度も高いということは、当然のことながら偽物が出回る数も大きくなります。

 

また、最近の傾向としては、グッチやエルメスなどのハイブランドの偽物よりも、ポールスミスなどのランクのブランドの偽物が出回る傾向にあります。


メルカリ等フリマサイトでもみていても、ちらほらポールスミスの偽物の商品が見受けられます。

 

 

ポールスミスをできれば格安で購入したい。でも本物かどうかの判断がつかないのでどんなものであれば偽物なのか見分け方の情報が欲しい。できれば実際の偽物の写真がみたい。

 

 

こういった疑問を解決します。

まずは偽物を買わないために出品者に確認すべき事項について詳しく説明します。

スポンサーリンク

出品者に確認すべき事項

メルカリでポールスミスの商品を偽物かどうか見分けるためには出品者にしっかりと商品情報を確認することが重要です。

出品者に確認すべき事項はこちらです。

・付属品の有無の確認

・タグの確認

・購入場所の確認

・正規品であるか確認

以下の確認をすることで偽物を購入してしまうリスクはかなり回避できるでしょう。

一つ一つ詳しく解説していきます。

 

付属品の有無の確認

ポールスミスの財布やキーケース等小物類についてのことですが、出品者の方に箱の付属品がないかどうかの確認を取ってください。あるということなら箱の写真も追加してもらうようコメントしてください。


以下の箱であればある程度は正規品の小物であると言えます。
・緑色の箱…国内ライセンス製品
・黒色の箱…イタリア製輸入品

 

実例です。このように写真の中で付属品まで掲載している出品者の方は本物を取り扱っている可能性が極めて高いです。

 

しかし、メルカリでは稀に箱だけ出品しているケースがありますので、そちらを購入してまで偽物を販売する出品者がいる可能性はゼロではありませんので注意が必要です。

 

タグの確認

タグなどの写真の投稿がない場合はタグのアップの写真を掲載してもらうようコメントしましょう。


Tシャツなどは首元のタグを見ると慣れるとすぐ偽物と判断できるようになります。


Tシャツは正面のデザインと首元のタグがチェックポイントです。


偽物の商品は以下です。正面のデザインです。

首元のタグの写真です。


偽物のデザインの特徴はTシャツ正面のデザインが大きく「PaulSmith」とプリントされていて、やたらとポールスミス独特のカラーストライプが強調されています。


私自身東南アジアに旅行に行った時、色んなところでこれと同じようなTシャツを見かけました。現地なら一枚何百円かで購入できる商品で、生地も安っぽく、ペラペラです。

偽物の首元のタグの特徴は生地に直接「PaulSmith」とプリントされている点です。

本来のポールスミスのTシャツのタグであれば、もう少し精巧な作りになっており、生地に直接プリントされているということはありません。

こちらが本物のタグです(タグの形はさまざまです。あくまで一例)

 

それでは偽物の実例をみていきましょう。

⬇︎偽物です

「PaulSmith」を大きく書かれており、ストライプを象徴したデザインが書かれています。

首元タグです。生地に直接「PaulSmith」とプリントされており、よくわからないタグが付けられています。間違いなく偽物です。

 

スポンサーリンク

同じ理由で偽物です。少しわかってきたのではないでしょうか。

 

購入場所の確認

購入場所の確認を必ず取ってください。購入場所を出品者の方に聞くと、具体的な店舗名の返答がきたら、正規店の可能性は高いです。(もちろん上記の確認ポイントがクリアになっていることが条件ですが)


もし「ネットショッピングです。」などの返答でしたら少し疑ってみる必要があります。ネットショップのサイトを聞き、実際にサイトを運営している会社の電話番号があるかなど調べると良いかと思います。

 

正規品であるか確認

出品者の方に「本物ですか?」「正規品ですか」と単調直入に聞いてみてください。


もし本物であれば、「本物です」と即答してもらえると思います。


仮に、「友達から譲り受けたものなので分かりません。」などぼやっとした答えがきたら要注意です。


そもそも友達から服を譲ってもらうことってなかなかないですよね。しかも仮に譲り受けていたとしてももらったものを売ったりしますかね?

 

もし偽物を購入してしまったら

もし品質に違和感を感じたり、偽物を疑いのあるような商品が届いたら絶対に受け取り評価をしないようにしてください。


まず取引ページで出品者に商品が偽物であるという根拠を伝え、偽物であるので返品したいという旨を伝えてください。


返品したいという旨を伝えた上で、出品者の返答によって対応の仕方が変わります。

 

出品者が返品に応じる場合

出品者の合意を確認の上、取引ページ下部に「キャンセル申請」ボタンがあるので申請してください。

また、返品の際の送料についても話し合いをしてください。今回は出品者が偽物を販売したということなので出品者に非がありますので、着払いで返品を提案してみてください。

もし着払いを合意してもらえないならメルカリに問い合わせましょう。問い合わせ方法は次の「出品者が返品に応じない場合」で確認してください。

 

出品者が返品に応じない場合

もし出品者の合意を得ることができない場合は、マイページからお問い合わせに行き、商品IDを明記の上、メルカリに問い合わせてみてください。

偽物であるのが明らかな場合は出品者が100%悪いのでメルカリから出品者に返品するよう伝えてもらいます。

後日メルカリサイドから出品者に購入者の要望に答えてくださいというようなメールが届きます。丁寧に仲介をしてくれます。

マイページから「お問い合わせ」を選択

 

今回はガイドを読んでも解決しない案件なので、「お問い合わせ項目を選ぶ」を選択。

次に「取引中の商品について」を選択。

 

 

次に「お問い合わせする商品を選ぶ「模倣品が届いた」→「お問い合わせする」の流れで進むとこちらの画面になるのでお問い合わせ理由を記入し、送信します。

 

後日、メルカリからどのように対応するべきかの返答がきます。出品者にも返品に応じるようなメールが届くのでメルカリが仲介に入ることで解決に近づきます。出品者の返品の合意が得られると、上記の流れでキャンセル申請します。

取引が終わると、トラブル防止のため今後お互いのアカウントが見れないような配慮がされます。

また、間違って受け取り評価をしてしまってから偽物に気づいたという方も一度はメルカリに問い合わせをしてみましょう。

利益目的の偽物の販売は犯罪なので、返金対応に努めてもらえるかと思います。

メルペイ登録でお得にポイントゲット

2019年11月7日からのキャンペーンで招待コードを通じてメルペイ(メルカリ独自の電子マネー)に無料登録すると【1000円分】のポイントがもらえます。

招待コードは「kgr663」です。招待コードを入力して本人確認を完了すると1000円分のポイントがもらえます。今だけのキャンペーンなので是非有効活用してください。